子育て教育

学校の勉強が役に立たないって、本当は思ってないだろ

勉強は必要イメージ画像

学校の勉強は大人になったら使いません。勉強は無意味な努力をした経過が大人になる時に評価されます。現代は勉強しなくても成功できる道が沢山ありますが、ほんの一握りです。勉強は頑張りましょう。

筆者の紹介

筆者は勉強嫌いで進学を希望せず、18歳の高卒学歴で社員10,000人規模の大手企業に運良く入社

自分は勉強嫌いでも子供には勉強をやらせるが、その際、勉強の必要性を痛感

学校の勉強ではないが、自分の成長のために日々勉強中

学校の勉強は必要なのか

結論 「学校の勉強は必要

1 絶対に勉強はやっておけ

2 学校の勉強は、大人になってから使わない

 しかし、学校の勉強は、大人になるために必ず必要

学校の勉強は大人になって使わない

国語や英語、算数の一部を除いて、学校の勉強は大人になって必要になるのは少しだけです

古文や漢文、因数分解は必要ありませんし、社会や理科は知らなくても良いことばかり

将来、生きていくのに必要になりません

特技や将来やりたい事が見付かっているなら全力で打ち込め

サッカー練習

筆者は、勉強はやった方が良いと話します

ただし、本当にやりたい事が見つかっている方は、勉強は必要ありません

毎日やりたい事を全力で打ち込むことが成功の近道

本気でやりたい事があるなら、今すぐに全力で打ち込んで全力で努力することが成功への近道です

本気でサッカー選手を目指すなら、一日中サッカーの練習や強い身体作りをする

野球選手なら、朝晩は素振りをして、日中はグラウンドで野球に打ち込みましょう

筆者は、子供の頃に本気で取組みたいと思えることも出会うことができませんでした

少しでも不安があるなら少し勉強をやろう

もし、自分の才能や将来に不安があるなら、熱中している事の合間に、勉強をして下さい

勉強をしておけば、失敗した時に、他の道を選べます

やりたい事が見つかるまで勉強をしよう

勉強する

勉強しておけばチャンスは広がる

世の中には、学歴がいる職業は沢山ある

医者や弁護士、キャリア官僚、大企業の総合職などは学歴が必要です

学力の振るいに掛けられる

警察官や消防士等の公務員、電車の運転手、企業社員、学歴が必要ない職業も多くありますが、多くの職業に採用試験があります

学力の振るいに掛けられるということです

就職に有利、職業の選択肢が増える

勉強をしない人と比べて、就職は断然有利になしますし、職業選択の幅は格段に多いです

勉強は才能や特技がない凡人の可能性を広げる唯一の方法

社会には勉強した者を受け入れる態勢が整っている

誰でも才能はあると信じていますが、才能に気付いていない場合がほとんどです

世の中の大多数である凡人のための受け皿が無数に用意されています

勉強は誰でもできる唯一の方法

勉強は努力すれば、誰でもできます

この社会は、勉強を頑張った度合いで、有利な人生が送れるような構図になっています

勉強は、凡人の可能性を広げる唯一の方法なのです

勉強は一生続くという現実

学校の勉強は嫌な事に挑戦できる精神を養う

勉強は将来役に立たない苦痛で無意味な事ですが、無意味な事への取組は、人を成長させます

不勉強は一生不勉強のまま終わる

嫌な勉強から逃げる人は、一生勉強することはありません

新しい吸収がないので、批判思考となって、更に学びから遠ざかることになります

まとめ

頑張れのイメージ
学校の勉強は必要

学校の勉強は大人になって使うものは少ないが、努力が認められる

勉強しておけば、チャンスの幅が広がる

勉強した者は、より有利な人生が送れる社会の構図になっている

強しない子供は、大人になっても勉強しないので、一生不勉強で終わる

勉強は苦痛だと思います

苦痛なことからは、逃げたくなるものです

でも、勉強は必要なので、勉強をやりましょう

学校の勉強を意味がないと言うのは、勉強してこなかった人の負け惜しみ